おふロックのおふログ♨︎

大阪在住24歳サラリーマンです。一人暮らしで銭湯に行ったことをきっかけにお風呂にどっぷりハマりました。斜陽産業の銭湯業界に盛り上げるため大阪のお風呂を中心に書いています。よろしくお願いします♨

いい風呂の日なので、京都・梅湯のイベントに行ってきました!

本日11月26日は、いい風呂の日♨︎

 

さまざまな銭湯などの風呂屋でイベントが開催されました。

 

風呂好きとして、どのお風呂に行こうか?と迷いましたが、京都・梅湯のトークイベントに行ってきました♨︎


というのもトークテーマがかなり深い部分切り込んでいたからです!


ずばりテーマは、
「銭湯は他業種に比べて営業努力が足りていないのか?」です。  

f:id:OhuRock:20171127000742j:image


梅湯の番頭であり、経営者でもある湊三次郎さんが登壇し、銭湯を実際経営してみた分かったことをトークするというもの。


これは聞きたいということで行ってまいりました!



イベントはサウナの梅湯の脱衣所で行われ、参加者は僕を入れて10人弱。

 

地元静岡のみかんを湊さん自身が配ってくれ、みかんを食べながらゆる〜くスタート笑 

 f:id:OhuRock:20171128001924j:image

 

少人数だということもあり、湊さんが一方的に話すのではなく、参加者と意見交換をしながらイベントは進みました。

 f:id:OhuRock:20171128001934j:image

 

なのでテーマの話というより、参加者の質問に回答するという感じ。


さまざまな質問がありましたが、3点ピックアップしてご紹介します。

 


高齢化が進み、後継のいない銭湯をどうするべきか?

 

結論
→困ってそうな銭湯に日ごろからアプローチし、タネをまいておくこと


9月に廃業した京都・若葉湯は、お客さんが少ないわけでもなく、設備が老朽化したわけではなかったそうです。

 

湊さんは「正当な家賃を払うから継続するために経営をさせてほしい!」と3回口説きに言ったが、その思いは悔しくも届かず・・・


高齢化した銭湯経営者の辞めるという決意は固いのです。


人手足りなかったら、言ってくださいなど日常的にタネを撒いておくことが銭湯文化を継続させるために重要なのです。

 

②梅湯はクラウドファンディングはしないのか?

 

結論
→新築で建て替えるとき以外は使う予定はない。

 

多数メディアで紹介され、梅湯ほどの知名度があるのなら、修繕費などのお金をマネタイズするにはクラウドファンディングを使えば、資金繰りには困らないのでは?と思ったことからの質問だったが、回答は上記の通り。


理由としては、クラウドファンディングを使うと、みんなの気持ちが重荷になり、精神的にしんどくなってしまうからとのこと。

 


銀行でお金を借りるならすべて自己責任ですが、クラウドファンディングの場合、ひとの思いに応えなくてはなくなるので、ココロの負担になるのでしょう。


また、安直で個人的に好きではないというのも理由の一つ。


経営に関して相談すると、多くの人に「クラウドファンディングを使ったらいいじゃん」と言われたそうです。

でも、その言葉はどこか安直で中身がないと感じ、利用しなかったそうです。

 

利用するときは、新築で梅湯を建て替えるときくらいだとそう。


クラウドファンディングに頼らず自力で、経営を立て直した湊さんの力は本当に恐るべしものです。

 


③銭湯側からして、NG行為は?

 

→シャワーを出しっ放し

 

水道代が高くなるのはもちろん、一番の理由は「ボイラーの温度変化に影響する」からだそう。


そのほかにも、タオルを湯船に浸けること


衛生的な面の理由のほか、タオルの糸クズが配管に詰まってしまうからだそう。

 


そんな理由があったとは!
実際に銭湯を経営したからこそ、分かれことばかりで勉強になります。

 


以上がイベントのレポートです。

 


少しトークテーマの話は少なかったものの、今後の銭湯を考える上で大変勉強になりました。

 

 

最後に湊さんの印象的なコトバをひとつ

 

「大学時代の銭湯1ファンとしての銭湯をもっとこうした方がよい思いはあったが、実際経営してみるとやっぱできないなという現実と向かいあった。とは言っても改善できることはたくさんある。」

 

まさに、銭湯を実際経営した人だからこそ言える理想と現実のギャップですね。


現実を嘆くのではなく、理想に近づけるように今できることもたくさんあるのだと。

 

梅湯ではこのことを裏付ける小さな取り組みがたくさんあると感じます。

・掃除の徹底
・シャンプーやドライヤーなどの無料設置
・駄菓子屋や野菜などの販売
・コラムなどを書いた張り紙の設置


銭湯の良い点を残したまま、スーパー銭湯などでやっている良いこと取り入れるなどを日々、営業努力を怠らない梅湯はこれからの銭湯の鏡のような存在ですね。

 

イベント終了後、いい風呂の日限定のポカポカの柚子風呂に入って帰りました♨︎

相変わらず、いい湯でした。

 

 f:id:OhuRock:20171128001947j:image

 

梅湯、ありがとうございました!