おふロックのおふログ♨︎

大阪在住24歳サラリーマンです。一人暮らしで銭湯に行ったことをきっかけにお風呂にどっぷりハマりました。斜陽産業の銭湯業界に盛り上げるため大阪のお風呂を中心に書いています。よろしくお願いします♨

進化する道後温泉♨

 

日本最古の温泉として有名な道後温泉は今、転換期を迎えようとしています。

 

 

というのも3つの大きな工事が着工・予定されているのです。

 

 

まず、ひとつは道後温泉本館です。

 f:id:OhuRock:20170809230942j:image

テレビでよく見る建物ですが、耐震などの問題で平成30年秋以降改修工事を実施されます。改修工事は観光客が減るのではないか!という周辺の旅館やお店の強い反対を受けて延期され続けられていました。しかし、ついに改修工事が決まりました。

 


次に「椿の湯」 です。

f:id:OhuRock:20170809231250j:image

道後温泉本館の次に有名な外湯なのですが、現在改修工事中です。


9月26日まで中の温泉に入ることはできますが、建物にはビニールシートが覆いかぶされています。ちなみに「椿の湯」の湯釜には正岡子規の句が刻まれております。
男湯は「十年の汗を道後の温泉に洗え」と、女湯には「巡礼の杓に汲みたる椿かな」と書かれており、文豪にも愛された温泉なのです。

 

 

最後は新しくできる「飛鳥乃湯泉」です。

 f:id:OhuRock:20170809231410j:image

現在工事中で「椿の湯」の真横にという道後温泉別館として9月26にオープンします。

道後温泉聖徳太子が入湯したことでも有名です。

 

聖徳太子が生きた飛鳥時代の建築をモチーフにデザインで道後の新名所となるのです。また、工事中の「椿の湯」「飛鳥乃湯泉」が完成すると一時閉館します。

 

最終的には両施設は中庭でつながって、イベントなども開催されるそうです。

 


最古の浴場として有名な道後温泉ですが、温泉とアート融合した「オンセナート」など挑戦的なイベントを開催している道後温泉にますます目が離せません。

 


今の道後温泉見れるのは来年の秋までなので、行きたいなぁと思っていた人はお早めに!

 

以上おふロックでした♨