おふロックのおふログ♨︎

大阪在住24歳のサラリーマンです。一人暮らしで銭湯に行ったことをきっかけにお風呂にどっぷりハマりました。斜陽産業の銭湯業界に盛り上げるため大阪のお風呂を中心に書いています。よろしくお願いします♨

薪で沸かす銭湯はココロもカラダもポカポカに♨

おふロックです♨

 

今日はお風呂の沸かし方について書きます。

 

沸かし方には大きく分けて以下の3種類あります。

 

 

1.ボイラーで沸かす

2.薪で沸かす

3.温泉が湧いている

 

 

今日は薪で沸かすお風呂について紹介します。

銭湯はもともと薪で沸かしていたわけですが、ボイラーという新技術がでてきました。

多くの銭湯はボイラーを導入したそうですが、ある出来事があり薪に戻す銭湯が増えました。

それはオイルショックです。

重油が高騰したので薪に戻すお風呂屋もあったそうです。

 

 

僕は銭湯の中でも特に薪で沸かす銭湯が好きです。
薪で沸かす銭湯はあったかみがあって体の芯までポカポカ温まる気がします。

 

 

 f:id:OhuRock:20170414074608j:image

Google マップ

 

十三にある新木川温泉は現在も薪で沸かしています。

外観も浴場内も鮮やかな水色でまるで、モロッコシャウエンのようです。

 

 

以前お伺いした際、特別に薪を燃やすバックステージを見せてもらいました。

これは貴重です。

 

煌々と光る炎は美しく神聖な気さえしました🔥

 

 f:id:OhuRock:20170414074625j:image

f:id:OhuRock:20170414074632j:image

 

 

近くに薪を積んだトラックも停まっていました。

 

 f:id:OhuRock:20170414074641j:image

 

トラックで薪を運んできて薪を割る。かなり肉体労働です。

さらに銭湯では経営層の高齢が進んでいます。

 

 

がんばって薪を割ってくれているからこそ、お風呂に入れる。

 

本当に感謝です。

 

ポカポカする正体は“人のあったかさ”だったのかもしれません。

 

 

みなさまも一度薪で沸かしたお風呂に入ってみては?

おふロックでした♨