おふロックのおふログ♨︎

大阪在住24歳サラリーマンです。一人暮らしで銭湯に行ったことをきっかけにお風呂にどっぷりハマりました。斜陽産業の銭湯業界に盛り上げるため大阪のお風呂を中心に書いています。よろしくお願いします♨

なんばから徒歩10分!穴場の温泉があるなんて・・・

なんば周辺で温泉に入りたい。
できれば、サウナや露店風呂とか設備が豊富なところがいいなぁ。
わがままを言うと、タオルが無料で借りられて、ドライヤーがあるところがいいなぁ。
なにより、混んでなくてリラックスできるところがいいなぁ。
そんな人に、とても穴場スポットがあるので、ご紹介します。
 
ここです!
 f:id:OhuRock:20180516222016j:image
 なんばにある太〇の湯でしょ?
と思った人がいるかもしれませんが、違います!
スーパー銭湯は施設は充実していますが、混んでいることが多いので、リラックスすることはなかなか難しいです。
 
今回ご紹介するのは、なんば駅から徒歩10分の「スパディオ」です。
f:id:OhuRock:20180516221840j:image
知らない人が多いかもしれませんが、「スパディオ」とは、カプセルホテルです。
f:id:OhuRock:20180516221915j:image
カプセルホテルには、立派な温泉があり、日帰り利用できるところも多いのです。
「スパディオ」はなんば方面から、千日前通りを西に10分くらい歩いた桜川駅前にあります。
 
■日帰り利用の料金体系や施設について
さて、いくらで利用できるか?なのですが、
「スパディオ」の日帰りプランの料金は、下記の2パターンです。
 
・1時間プラン→800円で1時間温泉を利用できる
・フリープラン→1000円で温泉が使い放題
※いずれのプランも22時までの利用
 
1時間はあっという間なので、フリープランをおすすめします。
 
まずは、靴の鍵を渡し、受付を済ませ、料金を支払います。
すると、館内着とロッカーの鍵をもらえますので、エレベータで脱衣場のある4階(男性)に移動してください。
服をロッカーに入れて、お風呂に入る準備を済ませ、長い階段を登ったところに大浴場があります。
 
■僕がスパディオをおすすめする理由
 
①施設がいい
大きな湯船・打たせ湯・露店風呂・サウナ・水風呂などスーパー銭湯顔負けの施設の豊富さです。シャンプー、ボディーソープ、タオル、ドライヤーの備えつけもあります。f:id:OhuRock:20180516222629j:image
 
②温泉の泉質がいい
都会のスーパー銭湯単純泉が多いですが、スパディオは弱アルカリ性の温泉。
ちょっとぬるっとしていて、肌触りが気持ちよいです。
f:id:OhuRock:20180516222213j:image
③空いているのがいい
スーパー銭湯と比べて空いているので、リラックスできます。
露天風呂に30分以上いましたが、誰一人も入ってきませんでした。
f:id:OhuRock:20180516222143j:image
いやぁ~。
空いている温泉に入ることができ、カラダもココロもすっきりしました。
これで1000円はかなりお得やと思います!
f:id:OhuRock:20180516222746j:image
ちなみに近くには、男の楽園「アポロビル」もあるので、合わせて立ち寄ってみてはいかがでしょうか?笑 
 
アクセス:大阪メトロ・千日前線桜川駅から徒歩すぐ(なんば駅から西へ徒歩10分)

明石海峡をひとり占めできる温泉

おふロックです♨︎


淡路島の北側にある漁師町、岩屋。
岩屋の山を少し登ったところには、ロケーションが最高の温泉「松帆の湯」に行ってきました!

 

f:id:OhuRock:20171202155453j:image 

 

ここの1番の魅力は温泉に浸かりながら、明石海峡大橋を望めること。

 

明石海峡大橋を渡って、車で5分で到着!

 山の中にあるので空気も澄んでいます。

 

入浴代700円を券売機で買って入浴!

 

泉質は、日本では珍しく、ラドンを含んでいる天然温泉です。

 f:id:OhuRock:20171202155508j:image

 

中はシンプルな作りで、内湯は大きめの湯舟がドーンとあります。

 

f:id:OhuRock:20171202155518j:image


石が敷き詰められており、踏むとツボを刺激され気持ち良い〜!

 

水風呂のほかサウナもあるので交互浴もできます!

 f:id:OhuRock:20171202155528j:image

 

いよいよメインの露天風呂です。

 

期待を胸に外湯に向かうドアを開けると、これぞ絶景と言うのにふさわしい景色が、広がっていました!!!

 

 f:id:OhuRock:20171202155541j:image

 「めっちゃきれいやないか!」

 

日没後ライトアップされるので、さらに幻想的になります!

 

山々や囲まれた自然の中、行き交う船やタンカーを眺ながらぼーっとして、物思いにふけるのもいいですね。


ほんと、いい湯でした!

 

フロントには淡路島のたまねぎなど、特産品やおみやげの販売もしていました。

 

 f:id:OhuRock:20171202155722j:image

2kg〜という島スタイル、笑

 

車で行くのがおすすめですが、岩屋港から無料送迎バスも出ていますよ!

 

f:id:OhuRock:20171202162250j:image

 

地元の人から観光客までに人気スポット!
淡路島に来たら、立ち寄ってみては?

 

松帆の湯

住所:兵庫県淡路市岩屋3570-77 

営業時間:11時~21時最終入館

定休日:第1木曜

アクセス:淡路ICから車で5分

 

銭湯×映画は、音響がスゴかった♨︎

昨日は東淀川区にある昭和湯のイベントに行ってきました。

 f:id:OhuRock:20171130231623j:image

端的にいうと、

銭湯で映画を見るというもの!

 f:id:OhuRock:20171130232919j:image 

 

銭湯の浴室にスクリーンを設置し、大画面を足湯に浸かりながら鑑賞できました! 

  f:id:OhuRock:20171130232717j:image

 

上映された映画は、銭湯で繰り広げる不器用な男の恋物語を描いた「あったまら銭湯」。

f:id:OhuRock:20171130232740j:image 

 

あったまら銭湯のストーリー

主人公・正信は高校生の時、
クラスのマドンナ・慶子に恋に落ちる。
慶子と話すきっかけを作るために、慶子の通う銭湯・扇湯に行くようになった。

 

正信の家業であるわらび餅を通して順調に仲良くなっていくも、慶子は家庭の事情で街を離れてしまうことに・・・

 

50年の月日が経った後も、正信は扇湯に通っていた。ある日、銭湯の入り口で慶子と再会を果たす。あの頃の記憶がよみがえり、正信の恋は再燃する。しかし、慶子にはある秘密があった・・・ 

 

  f:id:OhuRock:20171130234213j:image

(舞台になった扇湯・以前行った時の写真)

 

映画館並みの音響の良さ

映画の内容はもちろん良かったが、一番印象的だったのは音響の良さです。


自宅のお風呂で歌を歌うと、響きが良くて気持ちいいという経験。


あの何倍も音響が良く、映画館さながらの臨場感を味わえました。

 

銭湯×○○は、まだまだ可能性がたくさんあるなぁと感じた1日でした!

 

 f:id:OhuRock:20171130232835j:image

ちなみに、銭湯×ビールも最高🍺

 

昭和湯さんステキなイベントをありがとうございました♨︎

 

昭和湯

 f:id:OhuRock:20171130234558j:image

 

舞台になった扇湯

 f:id:OhuRock:20171130234241j:image

【不動温泉】天然ラドン温泉で日帰り湯治体験

京都北白川にある不動温泉に行ってきました!

ここの特徴は、なんといっても、天然ラジウム温泉が湧出しているということ。

f:id:OhuRock:20171127233031j:image

ラジウムのお風呂は銭湯などで、発生器によって人工的に作ったものはありますが、天然のラジウム温泉に入られるのは日本でもかなり稀有なのです。

ラジウムの効能は新陳代謝を活性化し、血流を良くしてくれること。

肩こりやリウマチ、肝臓病などに効果的であると言われています。
 
美肌効果も期待できるので、女性にもうれしいですね!
 
 
念のためですが、湯治とは
 
→湯で治すという字のごとく、病気を温泉の効能で治療や療養をすること。
 

通常、湯治は温泉宿などにこもって、何週間、何ヶ月と過ごすものがスタンダードですが、不動温泉では、日帰り湯治専門なので気軽に湯治体験ができます。
 
もちろん病気でなくても、健康になるために利用可能!

ちなみに11月号のMeetsで紹介されており、一度は行きたいなぁと思っていた場所であります。

車と電車(駅から無料シャトルバスが運行)のどちらでもアクセス可能です!

施設前に無料駐車スペースがあるとのことだったので、車で行きました。
 
山道を15分ほど上がっていき、「こんなところにほんとに温泉なんかあるのか?」と不安を抱きつつ、到着!
 f:id:OhuRock:20171127233233j:image
 
山々の自然に包まれているので、空気も澄んでいて心地よいです。
 
 f:id:OhuRock:20171127233131j:image

引き戸を開けると、まるで、田舎のおばぁちゃんの家に来たかのような空間が広がっており、どこか懐かしい気持ちに!
 
笑顔で女将が「はじめてですか?」と声をかけてくれ、初心者の旨を伝えると、奥の部屋に通してくれて、施設の簡単な説明をしてくれました。
 
・日帰りの湯治場であること
・営業時間は19時までであること
・源泉は度で適度に加温していること
・温泉水を使ったご飯も食べられること
・何度でも温泉に入ることができること
・外では源泉を飲泉できること 
などなど
 
 f:id:OhuRock:20171127232954j:image
 
楽しみが盛りだくさんです!
 

説明を聞いて、ロッカーに荷物を預けて早速入浴!
 
数ある銭湯は温泉行ってますが、湯治場ははじめてだったので、ウキウキワクワク!
 
おそるおそるドアをあけると、湯船は1つのみで、洗い場は5つくらいのシンプルな作りが広がっていました!
 
f:id:OhuRock:20171127232902j:image

温度は41度〜42度くらいでしようか?
熱すぎず、ヌルすぎずちょうど良かった!

f:id:OhuRock:20171127233344j:image
 

運良く、湯船を独り占めできました。
30分くらい入浴して部屋に戻り、ゆっくり休みました!
 
こうやって、何もしない時間を作るのもなんとも贅沢です。
 
(30分後)
再度入浴!
 
「きもちいいーー!!」
スーパー銭湯のように湯船の種類がたくさんあるわけでもないので、ぼーとっとしたり、考え事をしてリラックス!
 
お客さんもほんとさまざまでした。
ひとりで来ていたり、夫婦や家族で小旅行感覚で訪れたり、さまざまなシーンに使えそうです。

部屋はほんと居心地のよくて、ぐっすり寝たり、本を読んだり、家族でご飯を食べたり、みなさん思い思いの時間を過ごしていました。
 
 
もう少しゆっくりしたかったですが、用事があったので帰宅の途につきました。
 
 
女将は「ありがとう!また来てね!」と笑顔で、見送りまでしてくれました。
 
 「こちらこそです!必ずまた来ます。」
カラダもココロもぽかぽかになり元気になりました。

帰りには湧き出ている源泉を飲みに!
 
 f:id:OhuRock:20171127233702j:image
 
古い昔から病気を治して来たことから、お助け水と言われている霊水

軟水で自然の甘みを感じました。

この水で料理作ったら、おいしいだろうなぁってほんとに思いました。

次来るときは、豊富な料理も食べたいですね!
f:id:OhuRock:20171127233648j:image

最後は、不動明さまにお参りをして帰宅!
f:id:OhuRock:20171127141735j:image

山麓にあり、都会の喧騒を離れた静かな空間で、非日常な時間を過ごすことができる「不動温泉」。
 
 
スーパ銭湯とはひと味違う温泉体験がしたいって方には本当におすすめです!

f:id:OhuRock:20171127233637j:image

~アクセス~

京阪バス

三条京阪 または 京都駅 発 
比叡平団地 または 比叡山行きに乗車。
→地蔵谷下車徒歩1分。

 

※無料送迎バスもあり。詳しくは要問合せ

 

いい風呂の日なので、京都・梅湯のイベントに行ってきました!

本日11月26日は、いい風呂の日♨︎

 

さまざまな銭湯などの風呂屋でイベントが開催されました。

 

風呂好きとして、どのお風呂に行こうか?と迷いましたが、京都・梅湯のトークイベントに行ってきました♨︎


というのもトークテーマがかなり深い部分切り込んでいたからです!


ずばりテーマは、
「銭湯は他業種に比べて営業努力が足りていないのか?」です。  

f:id:OhuRock:20171127000742j:image


梅湯の番頭であり、経営者でもある湊三次郎さんが登壇し、銭湯を実際経営してみた分かったことをトークするというもの。


これは聞きたいということで行ってまいりました!



イベントはサウナの梅湯の脱衣所で行われ、参加者は僕を入れて10人弱。

 

地元静岡のみかんを湊さん自身が配ってくれ、みかんを食べながらゆる〜くスタート笑 

 f:id:OhuRock:20171128001924j:image

 

少人数だということもあり、湊さんが一方的に話すのではなく、参加者と意見交換をしながらイベントは進みました。

 f:id:OhuRock:20171128001934j:image

 

なのでテーマの話というより、参加者の質問に回答するという感じ。


さまざまな質問がありましたが、3点ピックアップしてご紹介します。

 


高齢化が進み、後継のいない銭湯をどうするべきか?

 

結論
→困ってそうな銭湯に日ごろからアプローチし、タネをまいておくこと


9月に廃業した京都・若葉湯は、お客さんが少ないわけでもなく、設備が老朽化したわけではなかったそうです。

 

湊さんは「正当な家賃を払うから継続するために経営をさせてほしい!」と3回口説きに言ったが、その思いは悔しくも届かず・・・


高齢化した銭湯経営者の辞めるという決意は固いのです。


人手足りなかったら、言ってくださいなど日常的にタネを撒いておくことが銭湯文化を継続させるために重要なのです。

 

②梅湯はクラウドファンディングはしないのか?

 

結論
→新築で建て替えるとき以外は使う予定はない。

 

多数メディアで紹介され、梅湯ほどの知名度があるのなら、修繕費などのお金をマネタイズするにはクラウドファンディングを使えば、資金繰りには困らないのでは?と思ったことからの質問だったが、回答は上記の通り。


理由としては、クラウドファンディングを使うと、みんなの気持ちが重荷になり、精神的にしんどくなってしまうからとのこと。

 


銀行でお金を借りるならすべて自己責任ですが、クラウドファンディングの場合、ひとの思いに応えなくてはなくなるので、ココロの負担になるのでしょう。


また、安直で個人的に好きではないというのも理由の一つ。


経営に関して相談すると、多くの人に「クラウドファンディングを使ったらいいじゃん」と言われたそうです。

でも、その言葉はどこか安直で中身がないと感じ、利用しなかったそうです。

 

利用するときは、新築で梅湯を建て替えるときくらいだとそう。


クラウドファンディングに頼らず自力で、経営を立て直した湊さんの力は本当に恐るべしものです。

 


③銭湯側からして、NG行為は?

 

→シャワーを出しっ放し

 

水道代が高くなるのはもちろん、一番の理由は「ボイラーの温度変化に影響する」からだそう。


そのほかにも、タオルを湯船に浸けること


衛生的な面の理由のほか、タオルの糸クズが配管に詰まってしまうからだそう。

 


そんな理由があったとは!
実際に銭湯を経営したからこそ、分かれことばかりで勉強になります。

 


以上がイベントのレポートです。

 


少しトークテーマの話は少なかったものの、今後の銭湯を考える上で大変勉強になりました。

 

 

最後に湊さんの印象的なコトバをひとつ

 

「大学時代の銭湯1ファンとしての銭湯をもっとこうした方がよい思いはあったが、実際経営してみるとやっぱできないなという現実と向かいあった。とは言っても改善できることはたくさんある。」

 

まさに、銭湯を実際経営した人だからこそ言える理想と現実のギャップですね。


現実を嘆くのではなく、理想に近づけるように今できることもたくさんあるのだと。

 

梅湯ではこのことを裏付ける小さな取り組みがたくさんあると感じます。

・掃除の徹底
・シャンプーやドライヤーなどの無料設置
・駄菓子屋や野菜などの販売
・コラムなどを書いた張り紙の設置


銭湯の良い点を残したまま、スーパー銭湯などでやっている良いこと取り入れるなどを日々、営業努力を怠らない梅湯はこれからの銭湯の鏡のような存在ですね。

 

イベント終了後、いい風呂の日限定のポカポカの柚子風呂に入って帰りました♨︎

相変わらず、いい湯でした。

 

 f:id:OhuRock:20171128001947j:image

 

梅湯、ありがとうございました!

自宅のお風呂を温泉にしよう♨︎

できることなら、毎日温泉に行きたいおふロックです♨︎

 

 

ですが、お金と時間が有限なので大富豪のような贅沢なことはできません。

 

それでも温泉に行きたい。

そんな時におすすめしたいのが、自宅のお風呂を温泉にすることです。

 f:id:OhuRock:20170903001604j:image

 

自宅のお風呂に入浴剤を入れるだけ温泉気分を味わえます。

 

最近は北の登別から南の別府まで、入浴剤で全国の温泉を巡っています。

 f:id:OhuRock:20170903000957j:image

 

なかには、ユニークな入浴剤もありセレクトするのも楽しみのひとつ。

 

例えば、これ。

 f:id:OhuRock:20170903000950j:image

パクチーをこよなく愛する、大阪のGoGoパクチーという店のマスターが企画・制作した入浴剤だそう。体全体でパクチーを体験でき、パクチー好きにはたまりません。

 

 

パクチーが苦手な僕も体験しましたが、独特な香りはほとんどなく誰でも気持ちよく入ることができると思います。

 

 

 

湯船に浸かれば、すっきりして一日の疲れもぶっ飛びます。

スマホをいじりながら入るのもよし、読書するのもよし、考え事をするのもよし。

自分ならではの内湯の使い方を探してみるのも楽しいですよ。

ぜひ、一度自宅のお風呂を温泉にしてみては?

 f:id:OhuRock:20170903001118j:image

以上、おふロックでした♨

 

温泉あるあるその1

温泉あるある早く言いたい。

温泉あるある早く言いたい。

 

鳥の休憩がきっかけで発見されがち!

 

失礼いたしました笑
レーザラモンRGが好きなおふロックです。

 

 

温泉が発見される由来には鳥と深い関わりがあります。

 

というのも傷を負った鳥が休み、傷が治りそれを目撃した村人や僧侶が温泉に気づいたという開湯伝説が全国各地であるのです。

 

f:id:OhuRock:20170813154026p:plain

写真提供:城崎無料写真集

 

 

例えば日本三大古湯の1つである道後温泉は白サギ、外湯めぐりで有名な城崎温泉コウノトリ、北陸随一の温泉地の山代温泉はヤタガラスなど鳥が傷を癒していたことがきっかけで発見された温泉は多数あるのです。

 

愛知県の白鷺温泉は、もはや名前にもなっています。

 

虫の知らせならぬ、鳥の知らせです!

 

 

もし、あなたの街で水の中鳥が休んでいたらそこには温泉があるかもしれませんね!!

 

温泉あるある、お風呂あるある第二弾もお楽しみに!

おふロックでした♨︎